新着情報|大阪で鋼板の切断、溶断加工をレーザー切断、プラズマ切断、ガス溶断でお客様の用途に応じて対応いたしますので坂元鋼材株式会社におまかせください。

新着情報 RSS
設備紹介
  • レーザー加工機
  • プラズマ加工機
  • ガス切断機

2014/07/23

【ゲンバ男子】フジテレビに生出演

【ゲンバ男子】フジテレビに生出演
ゲンバ男子で有名(?)にしていただいた弊社・大石君がフジテレビの「バイキング」に生出演しました。「働くイケメン」という企画。取り上げていただき、感謝いたします。

2014/07/18

大ベテランの尾和田さんが定年退職

大ベテランの尾和田さんが定年退職
我が社の現場を支える大黒柱である尾和田さんが今日で定年退職です。勤続42年6カ月でした。
 尾和田さんの入社は1972年(昭和47年)1月。まだ初代社長(私の祖父)のころでした。尾和田さんはまだ22歳。のちに2代目社長となる私の父がその時に35歳でしたから、父にとって尾和田さんはほぼ一回り下の世代(その時、後に3代目となる私は2歳半)。その2年後に父は37歳で2代目社長になります。当時、石油ショックによる不景気に加え、最大の販売先だった顧客が倒産。巨額の不渡りを被り、経営危機に陥りました。父はそのタイミングで2代目を継いでいます。その苦しかった時代、そしてそれを乗り越えて会社が発展していった時代、尾和田さんはずっと現場から父を支えてくれました。父も尾和田さんのことを非常に信頼していましたし、尾和田さんも父を慕ってくれました。父は結局、25年間社長を務め、62歳の若さで病により急逝します。その時、尾和田さん49歳でした。
 私がサラリーマンを辞して大阪に帰ってきて3代目を継いだのがその前年である1998年です(私29歳)。あれからもう15年。当時はバブル崩壊後の不景気な時代でした。前社長の急逝による不安定な時期、プラズマ・レーザーの導入による拡張期、そしてリーマンショックによる経営暗転、改革と復活の6年間。新米社長だった私を、黙々とした仕事ぶりで現場から支えてくれたのが尾和田さんでした。どれほど助けられたことか。
 尾和田さんはいつも冷静で、感情を表にすることなく、常に安定した仕事をされました。ミスやクレームが少なく、製品をキレイに素早く切断する生粋の溶断職人です。そして几帳面なご性格のため、材料を本当にしゃぶりつくすように使い切り、捨てるところがほとんどない位に歩留りの良い仕事をしてくれました。それがどれほど利益に貢献してくれたか。そしてそのご姿勢が材料を「始末する」(関西弁で“節約する”“大切に使う”)よい社風を体現してくれました。仕事が多少空いたときには、誰も見ていないところでコツコツと道具を作ったりされました。それがとても器用で、誰もがうならされました。とにかく「手を抜く」ということが一切なく、その裏表のないご性格を父はほんとうに好いていました。
 さて、2051年の第100期を目指して経営を進めている我が社からすると、尾和田さんは第21期から第63期までの42年間在職してくれたことになります。我が社の歴史において最も長く在籍してくれた社員さんになるかと思います。「先代社長に認めてもらったから、ここまで長く勤められました」と尾和田さん。
きょう、定時で仕事を終えられた後、仏壇に線香をあげてくださいました。久しぶりに父、そして祖父と祖母との対面。尾和田さん、すこし涙ぐんでいたように見えました。私たちも感無量でした。「父さん。尾和田さんが無事に定年退職したよ。ずいぶん助けられたね、親子2代、いや3代にわたって」。そう私は仏壇に報告しました。
尾和田さん。本当に、ありがとうございました。これからもお元気で、いつでも遊びに来てください。そして、私たち後輩にまた仕事を教えてください。

2014/07/17

日本金属通信に掲載 (若手が支える100年企業へ)

日本金属通信に掲載 (若手が支える100年企業へ)
業界紙の日本金属通信さんが弊社を取り上げてくださいました。この数年間、力を入れている「人材採用・育成」に関すること。立派な記事にしていただき、ありがとうございました。感謝します。

2014/06/18

【ゲンバ男子】フジテレビで放映

【ゲンバ男子】フジテレビで放映
弊社・大石君も取り上げられた「ゲンバ男子」が全国ネットで放映されました。

フジテレビ NEWS JAPAN 6月17日(火)23:30〜

製造業の現場で働くことの意味を伝える好企画に感謝します!

2014/05/23

【ゲンバ男子】日本金属通信に記事

【ゲンバ男子】日本金属通信に記事
日本金属通信様に記事を掲載していただきました。ゲンバ男子の話題です。ご取材くださった末吉記者、ありがとうございました。

2014/04/09

【ゲンバ男子】夕刊フジに記事掲載

【ゲンバ男子】夕刊フジに記事掲載
大阪産業創造館さんにご取材いただいた「ゲンバ男子」。その関連記事が「夕刊フジ」に取り上げられています。ネットでも同記事が。弊社の大石君の写真が使われています。中小製造業のイメージアップに寄与できれば、うれしいことです!

2014/04/04

未来工業(岐阜県)を見学

未来工業(岐阜県)を見学
未来工業株式会社さまを見学しました。
フェイスブックページにシェアしております。

2014/04/01

中小企業家同友会による合同入社式

中小企業家同友会による合同入社式
中小企業では採用人数が少ないため、同友会企業が一緒になって入社式をするもの。会社の垣根を越えた同期としてお互い切磋琢磨するという趣向です。新入社員もさることながら、どの会社も社長(経営者)が一番喜んでいました。もちろん私も。
今年は我が社にとっても初めての大学新卒生の採用。それに昨年は20代の新入社員が3人も来てくれ、会社がどんどん若返っています。わが社を選んで入社してくれたことに感謝し、彼らとともに成長し、人の育ついい会社を作ります。

2014/03/11

よろしくお願いします。新人・一橋(いちはし)です。

よろしくお願いします。新人・一橋(いちはし)です。
【新入社員紹介】

■ 一橋(いちはし)

Q1:現在の仕事内容を教えてください。
 お客様からご注文いただく図面をパソコン(CAD)で作図する仕事です。直線や円、平行線などを描くコマンドを使って、図面をデータ化します。それが次工程(ネスティング)で一枚の画面に配置され、組みあがったデータが工場のレーザーやプラズマに送られ、機械で加工されて製品になります。現在の私の主な仕事はその入り口段階である図面入力です。
また、アイトレーサー用の型紙出力、NC切断機用のネスティングも行っています。

Q2:仕事をしてみて「やりがい」を感じるときはどんなときですか?
 お客様から頂く図面には、簡単なものから複雑なものまで、さまざまなものがあります。寸法線が入り組んでいるなど解読するのが容易でない図面などをミスなく作図しきったとき、やりがいを感じます。また、CADソフトを使いこなしていく中でより簡単に作図できる方法を発見した時など、数学の難問やパズルが解けたような楽しさがあります。

Q3:これからの目標を教えてください。
 現在は作図が主な仕事ですが、今後は鉄鋼製品や溶断の知識全般を身に着け、現場やお客様と打ち合わせしながら難解な受注、作図、データ出力を自分一人の力でこなせるレベルになりたいと思っています。今、入社5カ月目ですが、お客様ごとの注意点や作図のコツなどを覚えていく中で自分自身がこの仕事に適性があると感じており、この仕事に出会えてよかったと思っています。同時に、まだまだ知らない知識や決まり事もたくさんあり、先輩の佐々木さんたちから教わりながら、この仕事の奥深さを実感しています。

2014/03/11

よろしくお願いします。新人・河野(かわの)です。

よろしくお願いします。新人・河野(かわの)です。
【新入社員紹介】

■ 河野(かわの)

Q1:現在の仕事内容を教えてください。
 レーザー加工機の操作、および製品の整理、お客様への出荷を担当しています。昨年9月に入社し、先輩方の業務を覚えて引き継いでいます。

Q2:仕事をしてみて「やりがい」を感じるときはどんなときですか?
 毎日大量の製品を片付け、整理し、お客様に引き渡しています。大きな製品ばかりでなく小さく細かな製品も数多く、仕訳に神経を使います。忙しいですが、ミスなくお客様に引き渡しが出来た時は充実感でいっぱいです。忙しいときに他部署の先輩たちが応援に来てくださるのですが、そんな時はチームワークの力を感じ、うれしく思います。そしてやはり、お客様に「ありがとう」と言っていただけたときには大きなやりがいを感じます。
 また入社3カ月目だった昨年12月、クレーン運転士の国家資格にチャレンジし、無事合格することが出来ました。先輩からクレーン操作を仕込んでいただいたおかげで、感謝しています。

Q3:これからの目標を教えてください。
 いまはまだ先輩に指示をもらいながら仕事をしていますが、いずれは仕事の段取りを自分で出来るようになりたいと思います。そしてレーザーの技術を深め、キレイな切断面、ドロスの付着しない切り方を研究します。また、機械はときにトラブルで止まることもあるのですが、機械メーカーの技術者さんが来られなくても、自分でできる範囲内なら自分で修理できるくらいの知識を身に着けたいと思っています。周りの先輩方を目標に、一流の技術者を目指します。